電話占いを利用してみる

電話占いを利用してみましょう。色々な人が利用しています。 - 電話占いを利用する人には共通点がある

新着情報

▶2015/08/10
電話占いを利用する人には共通点があるの情報を更新しました。
▶2015/08/03
占い師がやってはいけないタブーな事とはの情報を更新しました。
▶2015/08/03
占い師が相談者との間で気を付けるべき事とはの情報を更新しました。
▶2015/08/03
占い師が鑑定すべき事は相談者の個々に合わせた事柄ですの情報を更新しました。
▶2015/08/03
占い師が陥りがちな勘違いとはの情報を更新しました。

電話占いを利用する人には共通点がある

電話占いは近年とても人気のある占術です。
自宅に居ながら、または出先から、つまり電話さえあればいつでもどこでも占いをする事が出来るからです。
しかし電話占いを行う占い師にとっては、いくつかのポイントがあるのです。
電話占いを行う占い師は、最初の3分程度が勝負だと言いますが、どうしてそのような短い時間が勝負なのでしょうか。

電話占いを利用する相談者には共通点がある

電話占いを利用する相談者と言うのは、比較的神経が過敏になっている事が多いと言われている。
電話占いは相手の表情をうかがい知る事が出来ない為に、相談者としては藁をも掴む思いでありながらも、電話占いを行う占い師に対して、敵となるのか、味方となるのか?と言うくらいに警戒心を持っている事が多いのだ。
もちろん、占い師ピュアリとの相性もある事だろうが、相談者にとっては、最初の数分がその占い師を信用するかしないかの分かれ目になる事が多いのである。
電話占いを利用する相談者に共通している事は、少々敏感になりすぎている事と、占い師に対して味方となってくれるか、敵となるのかと言うように、非常に限定したような感覚を持っていると言う事が言える。

電話占いを成功させる為には?

thyrts
電話占いを行う占い師は、最初から普段以上に話し方や使う言葉には注意を払う必要が合うと言える。
そして最初の数分間の間に、出来るだけ良い印象を与える様な努力をしなければならないのである。
そうする事によって、相談者はこの人なら大丈夫かもしれない、と言うような感覚を覚え、電話占いに対しても心を開いてくれるようになると思われる。
電話占いを行う占い師は以上のような事には常に気を配る必要があるのだと言えるだろう。
占い師の中には、これから電話占いを始めようかと思っている方も居ると思います。
電話占いは、直接対面はしないものの、声や言葉だけでコミュニケーションを取らなければならない占術の為に、電話占いをするにはある種のテクニックやスキルが必要になると言えるでしょう。
電話占いにはどのようなものが必要なのでしょうか。

相手の話を聞くと言うスキル

電話占いをする場合は、相談者の表情等が見えないので、詳しい心情等を読み解く事は難しいと言える。
視覚的な情報が無いと言う事は、その分を言葉や声色で補う必要があると言う事にもなるのだ。
相手の話を聞くと言うスキルは、電話占いでは特に重要で、感動詞の使い方に工夫が必要となる場合が多いと言える。
例えば、相槌を打つにしても、タイミングや相談者のテンポに合わせて相槌を打つ必要があり、重要な内容を話している時には、相槌にも変化を持たせるようにしなければならないのである。
こうしたちょっとした事に気を付けるだけでも、相談者はちゃんと話を聞いてもらっていると言う自覚が芽生え、心を開いてくれるようになるのである。

相談者の重要な発言は繰り返して理解と共感を示すようにする

電話占いでは、前述したように視覚的な情報が得られない為、相談者の相談内容で重要と思われるような言葉を占い師も繰り返し発言し、理解と共感をしている事を示すようにする事が大切である。
全てを復唱するのではなく、重要な単語だけでも良いのである。
そうする事で、電話の向こうの相談者はとても理解されているような感覚となり、どんどん話してくれるようになるのである。
会話の後半に鑑定結果を元に、的確なアドバイスが出来れば、電話占いを攻略する事が出来ると考えても良いだろう。

Copyright(C)2015 電話占いを利用してみる All Rights Reserved.